駐車場経営サポート


【有利な土地活用の事例】
1:現状の月極め駐車場の収益をアップさせたい
空き車庫を一括でお借り上げいたします。
月極めの賃料よりも高い地代収入が得られます。
事故・苦情・トラブルはすべて運営管理会社が対応。駐車場の清掃、集金などの煩わしい業務がなくなります


2:資金負担無しで遊休地から収益をあげたい
駐車場設備・設置、撤去費用はすべて運営管理会社負担。 運営・保守のコストもすべて負担。 オーナー様の費用負担は一切ありません。


3:建築するまでの間や売却するまでの間の短期間だけ貸したい。
3ヶ月契約からお受けします。解約は1ヶ月前予告。中途解約のペナルティーなし。オーナー様と十分なご相談の上、次期計画に無理のない様契約できます。


4:無断駐車や迷惑駐車を防ぎたい
有料駐車場にすることで、来客用駐車場などへの車バイクの無断駐車、長期駐車を防ぐとともに、ゴミの不法投棄のない美観に配慮した駐車場にすることができます。



【駐車場に向いている土地の条件】


<駐車場事業の運営・契約形態について>
コインパーキング事業の運営・契約形態について、
運営・契約形態は、大きく2つ
A.【土地賃貸方式】、B.【自営方式】

A.【土地賃貸方式】
・土地のオーナーが、ある一定期間コインパーキング運営会社に土地を固定賃料で貸し
  必要な機械設備などはすべて業者側が準備し、運営管理するという形態。
・固定経費がかからず、毎月決まった土地賃貸料が入り、
 コインパーキングの運営管理などの業務は一切不要です。
・駐車場事業投資の中でも、最もリスクの低い形態。
 ※ただし初期投資として、一部土地の造成・舗装工事代金など必要な場合があります。
 コインパーキング(時間貸し駐車場)経営で、
 安定した土地賃貸収入を求めたい人には、「土地賃貸方式」。

B.【自営方式】
(1)「自営全部委託方式」
・土地オーナーが、コインパーキングの機械設備などを購入(又はリース)
・駐車場事業に関する管理・集金・運営サポートなどをコインパーキング業者に委託
・「土地賃貸方式」に比べ、駐車場事業の利益が増える可能性が高い。
・管理業務などの委託費用を支払う必要があり
・初期投資として駐車場用地の解体・造成・舗装工事代金なども必要。

(2)「自営一部委託方式」
・土地オーナーが、コインパーキングの機械設備などを購入(又はリース)
・自らコインパーキングの運営・管理・集金をして、
  機械設備のメンテナンスだけを委託するという形態です。
・「自営全部委託方式」に比べ、固定経費が圧縮されるので利益は増大。
・運営管理のリスクはすべて自ら負担、当然売上や経費などの管理も
  自分で把握することになります。
・初期投資として駐車場用地の解体・造成・舗装工事代金なども必要
 最もハイリスク・ハイリターンな運営形態と言えます。

当サイトでは、土地賃貸方式でとお考えの方に、無料で、
複数の駐車場会社から土地賃貸条件などのサポートをさせていただきます。
お気軽に、メールにてお問合せください。

【駐車場経営のメリット】


【駐車場経営のデメリット】


【【土地賃貸方式】でよく質問されること
1:設備投資に資金が必要ですか?
 時間貸駐車場設備に関してはオーナー様の費用負担は基本的にありません。
2:毎月のコストは発生しますか?
 租税公課を除き基本的には発生しません。
3:賃料はどれくらい?
 調査の上、査定いたします。 駐車場の稼動状況にかかわらず、毎月定額の賃料をお受け取りできます。
4:建物の1階部分でも大丈夫でしょうか?
 高さが2m10cmあればOK。歩道に切り下げがない場合でもご相談ください。
5:売却(建築)の予定がある
 6ヶ月契約より。売却(建築)予定の土地でもご相談ください
6:解約について
 一時使用駐車場用地賃貸借契約なので、借地権、営業権が発生しません。
 2ヶ月前の予告により、スムーズに解約できます。基本的に中途解約のペナルティはありません。
7:古い建物が残っているのですが・・・
 解体に関してはまずご相談下さい。
8:清掃などの管理負担は?
 駐車場の管理はすべて運営管理会社で行います。
 週1回以上の定期清掃を行いますので、オーナー様の手を煩わすことはございません。
9:事故・苦情・トラブルなどの対応?
 すべて運営管理会社で処理いたしますのでご安心ください。


当サイトでは、土地賃貸方式でとお考えの方に、無料で、
複数の駐車場会社から土地賃貸条件などのサポートをさせていただきます。
お気軽に、メールにてお問合せください。